家庭菜園で起こる病気

家庭菜園を始めようと思う方の多くは、「野菜を無農薬で安全、健康的に」と考えていることでしょう。
けれど、初心者のうちは、完全無農薬は難しく、どうしても栽培しているものが病気になってしまうことがあります。
たとえば、うどん粉病という粉をふいたように見える病気や、葉っぱのウラにカビが生える病気、実いできるくろほし病などが一般的です。
最近は、家庭菜園について詳しく書かれたガイドブックなどがたくさん販売されていて、病気についても比較的詳しく書かれています。
ほんのちょっとでも、栽培しているものの葉や実に異常を感じたら、すぐにガイドブックを見て確認するようにしておけば、病気に関する知識や見た目の異常で見極められるような目ができてきます。
多くの病気は、日照不足や風通しの悪さなどが原因のようです。
また、虫がついてしまうこともあるので、適切な手入れと日当たり、風通しの確保が大切です。
せっかく、育て始めたプラントを、最後の実りまで見届け、最終的に口にすることができるよう、病気になってもはやいうちに発見できるように、こまめに観察してあげることが、一番のケアなのかもしれません。


3分でスタートできる簡単家庭菜園はこちら

Copyright © 2010 家庭菜園初心者ガイド All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -