家庭菜園のための苗選び 〜 家庭菜園初心者ガイド

main_top_over_navi
main_top

家庭菜園のための苗選び

家庭菜園では、種をまく方法と苗を植える方法があります。
種の場合、発芽率が100%ではないので、どれくらいの間隔を空けて種をまけばよいのか、特に初心者の方では悩むのではないでしょうか。
その場合は、苗のほうが育てやすいかもしれません。
また、種の場合、土に植える時期が決まっているので、せっかく種を購入しても撒く時期を待たなければいけないこともあります。
苗の場合、植えて良い時期に苗が店頭に並んでいるので、育て始める時期がはっきりしているので、初心者向きでしょう。
もちろん、種を購入して、ダンボールやプランターを使って苗を育て、そこから移苗して育てるという方法でも結構です。
その場合、プランターを置いている場所の日当たり、温度、湿度、風通しなどに気をつけ、苗と苗の間にある程度の距離を保つことが、しっかりとした苗を育てるポイントです。
あとは、育てやすい種類の苗を選ぶのがポイントです。
よく店頭や通販サイトで見ることの出来る苗としては茄子、キュウリ、トマト、イチゴ、スイカなどがあります。
苗もたくさん売られているので、よりよい苗を選ぶ目を持つことが大切です。
どのような苗が良い苗かというと、茎が太く、葉と葉が近いものです。
もし、迷ったら、通販を使わず、直接ガーデニングショップなどへ行き、スタッフに相談しながら決めると良いでしょう。


3分でスタートできる簡単家庭菜園はこちら

Copyright © 2010 家庭菜園初心者ガイド All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -