家庭菜園での種まき

家庭菜園でワクワクする瞬間といえば、収穫のときと種まきのときでしょう。
じっくりと時間をかけて作った土に、種をまいていきます。
種を土に植える前に、種のことをきちんと把握しておきましょう。
種は生きています。
できれば、購入してからあまり時間をおかずに撒くようにしましょう。
また、種は10個撒いたらすべてから発芽するわけではありません。
そのため、少し多めに土に種をまき、発芽したら間引きという作業をして、栽培する数を調整します。
発芽率というのですが、その種類によって異なります。
種が入っている袋に説明がありますので、袋を開けるときに十分に説明を読んでおきましょう。
種は、造園屋や園芸専門通販、ホームセンターなどで購入します。
また、種をまくときには、種類にもよりますが、ある程度間隔をあけて撒くようにしましょう。
トウモロコシや大根、紫蘇などは種が重なると、発芽から実りのときに大変なことが起こります。
また、種の表面に傷をつけたり水に浸すなど、種自体にも下準備が必要な作物もあります。
より美味しい野菜を育て、収穫するために、手間ひまを惜しまず、一つ一つの作業を丁寧に施してあげましょう。
きっと、収穫のときに、嬉しさも倍増しますよ。


3分でスタートできる簡単家庭菜園はこちら

Copyright © 2010 家庭菜園初心者ガイド All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -