家庭菜園と肥料

家庭菜園では、土が大切です。
それは、栽培しているものが土から栄養を吸い取って大きくなっているからです。
それでも、土だけでは不十分で、肥料は不可欠です。
肥料は、撒けばよいというものではなく、土の量と肥料の量との割合が重要なので、肥料を撒く前にきちんと確認しましょう。
また、肥料を撒くタイミングには、二通りあります。
種まき、植苗前に撒く肥料である元肥、育てている途中に撒く追肥とがあります。
元肥は、栽培する野菜の根に近い場所、土の表面から20?30cm掘り下げたあたりに撒きます。
野菜が、根から肥料を直接吸い取ります。
追肥は、野菜の傍は避けて撒きます。
撒く回数は2?3回です。
元肥は堆肥などが向いていて、追肥料は液体肥料や硫酸カリ、化成肥料などが向いているようです。
追肥は、野菜の育ち具合を見ながら、撒くようにしましょう。
肥料の与え方も、手の掛け方の一つとして、ガイドブックを見ながら、場合によっては失敗しながら、少しずつ勉強していくとよいでしょう。


3分でスタートできる簡単家庭菜園はこちら

Copyright © 2010 家庭菜園初心者ガイド All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -