家庭菜園に適した土作り 〜 家庭菜園初心者ガイド

main_top_over_navi
main_top

家庭菜園に適した土作り

何か新しいことを始めるときは、下準備が一番大切だとよく言われます。
家庭菜園でのそれは、まさに「土を作る」ところと言えるでしょう。
栽培する野菜は、土から栄養などを摂って成長していきます。
その意味では、土の質は栽培するものの質を決定付けるといっても良いかもしれません。
家庭菜園で使用する土は、一度掘り起こしてふるいにかけ、乾燥させます。
雑草や小石があれば取り除き、土をふるいに掛けてこまかくしておくと、乾燥させやすくなります。
その後、土に肥料を与えます。
プランターなどで栽培する場合は、元肥といって、作物の根のはる当たりに肥料を施しておきます。
肥料には、ホームセンターなどで販売されているものでも良いですし、ご自分で作った堆肥でもよいでしょう。
生ごみの乾燥機があれば、においを気にせず堆肥を作ることが出来ます。
日本は、火山が多い土地です。
土壌の性質が家庭菜園に向いているかどうか、植えた作物がきちんと育つかどうか、プロに相談してみましょう。
その上で、ミネラル分として何を加えればよいか、肥料は何が良いかなど、きちんとした土つくりにこだわってみましょう。
土がきちんと作られていれば、家庭菜園での作業の大筋は決まったようなものです。


3分でスタートできる簡単家庭菜園はこちら

Copyright © 2010 家庭菜園初心者ガイド All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -