家庭菜園をベランダで

家庭菜園では、育てるものによって、必要となるスペースが変わります。
ジャガイモやトマトなどは、比較的広めの庭が必要になりますが、プチトマトや小松菜、ホウレンソウやアスパラなどは、狭いスペースでも栽培が可能なので、マンションのベランダでも栽培ができます。
家庭菜園をマンションなどのベランダで行うことのメリットは、タップリのお日様を浴びさせてあげられること、育てた野菜や果物を、食べる直前に摘み取ることです。
家庭菜園ブームにのって、各メディアでもそのメリットや具体的な栽培方法を説明していますが、実は気をつけなければいけない点が結構多いんです。
まず、日当たりですが、良いことに越したことは無いのですが、あまりにも日当たりがよすぎると、土や葉が乾燥してしまいます。
また、栽培しているものに空気や風がどれくらい当たるかというのも、大事な条件です。ベランダの壁のつくりによって、プランターを置く位置を調節しましょう。
水遣りを忘れると、乾燥して枯れてしまいますので、注意が必要です。
また、水遣りをしたときに土がプランターなどからこぼれると、排水溝の詰まりの原因になったりします。
自分が住む部屋の階下に人が住んでいる場合、土などが落ちて下にお住まいの方の洗濯物やベランダを汚さないよう、注意しましょう。
せっかく、身近で家庭菜園を始めるのです。
自分や家族、近隣の方たちも楽しめるような家庭菜園を、心がけましょう。


3分でスタートできる簡単家庭菜園はこちら

Copyright © 2010 家庭菜園初心者ガイド All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - Generalsurf inc. & OGUSYS co.,ltd. -